海外FXのメリット|海外FXガイド|海外FXの口座開設なら海外FXお役立ちガイド

口座開設

海外FXのメリット

なぜ国内FXではなく海外FXなのか?
海外FXにはいくつかの大きなメリットがある。

ここ数年注目度も高まっている「海外FX」。そもそも、なぜ国内FXではなく海外FXなのでしょうか?簡単な疑問ですが、これに明確に答えることが出来る人がどれ位いるのでしょうか?
日本に暮らしているのならば、わざわざ海外のFX会社を選ぶ必要性は無いし、イメージのみで海外業者を敬遠してしまっている人も多いと思います。

しかしながら、海外FXには日本国内のFXと比べて、大きなメリットがいくつか存在します。ここでは海外FXを利用するメリットについて丁寧に説明していきます。

海外FXにはレバレッジの規制が無い!

日本国内は最高25倍。海外FXは最大1000倍のレバレッジが可能!

日本国内では、2011年にレバレッジ倍率に規制が課せられる事が発表され、日本国内でのレバレッジ倍率は最高25倍にまで制限される事となりました。以前のようにレバレッジ効果により効率よく運用が出来なくなり、FXの魅力が薄れてしまうという残念な結果になってしまいました。

それに比べ海外のFX会社では、レバレッジの管理はお客様自身がされるという前提でハイレバレッジを認めています。海外FX会社によりますが、200倍~最大1000倍のレバレッジを提供しています。レバレッジの掛け過ぎはリスクを伴いますが、勝負どころでレバレッジを掛けた取引が出来るのでFX取引をより有効に活用できる環境となっています。

レバレッジランキング

海外FXには追証が無い!

証拠金以上の損失をゼロに戻すゼロカット制度を採用!

国内FXの場合、相場の急変によって証拠金以上の損失を出した場合にはその損失を請求される「追証」というものが発生します。したがって国内FXでは、追証の負担によってなかなか利益を増やせなかったり、今までの利益が全て吹き飛んでしまう可能性があります。

しかし海外FXには、証拠金以上の損失をゼロに戻し損失を証拠金だけにする「ゼロカット制度(追証ゼロサービス)」という制度が採用されているため、初心者の方でも安心して取引をすることができます。
リスクが証拠金のみに限定されるというのは、安心して取引ができる大きなメリットであり、レバレッジを高く設定できる海外FXにはもってこいの制度です。

お客様との利益相反の無い公平な取引

ノンディーリングデスク方式を採用し公平な取引が可能!

日本のFX会社は、お客様からの注文を一旦自社のディーリングデスクで受け、そのまま直接金融機関等への注文を行わず注文をする否かの判断を行った上で処理するディーリングデスク方式(DD方式)を採用しています。この方式ではFX会社がお客様かの取引相手となり、利益相反関係が発生してしまいお客様かにとって不都合な事態が起こりえます。また、この処理はしばしばブラックボックスではないかと言われることもあり、とても公平な取引とは言えない状況が伺えます。

それに対しほとんど海外FX会社は、ディーリングデスクを介さない金融機関等へ直結のノンディーリングデスク方式(NDD方式)を採用しているため、FX会社とお客様の間に利益相反は発生せず、非常に公平な取引環境を保つことができるのです。

FX取引以外の様々な銘柄の取引が可能!

CFDやインデックス、世界の優良株式銘柄、仮想通貨など豊富な商品の取引が可能!

日本国内のFX会社は日本円を含む通貨ペアを重点的に取扱商品とする傾向があり、商品ラインナップが豊富とは言えません。日本に比べて海外FXでは、金融商品や取引のスキームが多く、日本では取り扱われていない銘柄や商品が数多く存在します。
FX取引の他に、CFD(差金決済取引)やインデックス、バイナリーオプションなど豊富な商品の取引が可能となっています。世界の優良株式銘柄を取引できる株式CFDや、今話題のBitcoinやその他の仮想通貨の取引ができるところも増えてきています。
そして、その様々の商品を同一の口座で取引することもでき、多様な資産に分散投資できるリスクヘッジの意味でもメリットと捉えることができます。